ShandyGaff RDJ Diary

  Robert Downey, Jr. What a fabulous man!

ラリー・ポール

 

ロバート・ダウニー・Jrには役不足だよ・・・。

 

「アリー・マイ・ラブ」を観ての感想をひとことで言うとそういうことだ。

 

f:id:ShandyGaff:20140522153721j:plain

 

そりゃラリー・ポール、カッコウ良いよ?

だってロバート・ダウニー・Jr だもん。当たり前でしょ。

 

 

日本でロバート・ダウニー・Jr に人気が出たのは「アリー・マイ・ラブ」で、RDJ演じるラリー・ポールがすごく良いってあちこちで聞くから、観ようとは思ってたんだけどなかなか手が出なかった。

「アリー・マイ・ラブ」の最初のシーズンが放送されたころ、1回観たんだけどちっとも面白いと思えなかった。

アリー・マクビールというヒロインにまったく共感できなかったから。

とってつけたような弁護士役で、頭の中はまだ見ぬ王子さまのことしかなくて。思い込みが激しくて、もっともそばに居たくない女子キャラで、続きは見なかった。

 

そんなアリーの恋人役って・・・・。

 

RDJが出ているシーズン4のDVDボックスが500円で出てたので買って。やっと観たけど。

 

役不足」って感想がすべてだ。

 

ロバート・ダウニー・Jr 演技の余地がないじゃない?

RDJのルックスと佇まいで、優しく微笑んでればいいんだから。

 

ひとつ、ロバート・ダウニー・Jr がラリー・ポールを演じ損なってるなーと思うのは、恋をしている男性のようにまったく見えなかったこと。一瞬も、そんな表情はなかった。

アリーを「運命の女性だ」なんて言うのに、アリーに恋してるようには見えなかった。一生懸命愛そうとしているようには見えたけど。あ、それがラリーという役柄なのか。さすがだ、深いな!(笑)

 

ラリーで一番心に残ったのは、離れて暮らす幼い息子への想いを語るところ。

 

   いちど子供を持ったら

   どれだけ覚悟していても驚くよ

   湧き上がる愛情の深さに・・・

 

f:id:ShandyGaff:20140522153454p:plain

 

実際、同じ年頃の息子インディオ君がいて、離婚して離れて暮らしていて。

そういうバックボーンもあるだろうけれど、ほんとうに息子への想いの深さが伝わった。

こんなセリフ言われて、アリーに勝ち目はないよねーって思ったもの。

 

 

 

歌ったり。

f:id:ShandyGaff:20140522153824j:plain

 

ピアノ弾き語りしたり。

f:id:ShandyGaff:20140522153923p:plain

 

生クリーム鼻に塗ったり。

f:id:ShandyGaff:20140522154114j:plain

 

ぬいぐるみ抱えたり。

f:id:ShandyGaff:20140522154656p:plain

 

ロバート・ダウニー・Jr 鑑賞にはなかなかGoodなショットも多いんだけど、でもね。どこか精彩がないの。

ドラッグ問題が最悪の段階に来てた時期だからってことだけじゃない。

ロバート・ダウニー・Jr が演じて演じ甲斐のある役柄じゃない。

 

たまたま今日、CATVでロバート・ダウニー・Jrの「復活」までを関係者のインタビューで紹介する番組を放送してた。

そのなかで「ピックアップ・アーティスト」の監督J・トバックがラリーを演じたRDJについて言っていた。

 

   彼はテレビのコメディに出たいなどと思ってなかったはずだ。

   ロバートが挑戦できるものがなにもない。

   あのドラマで彼が挑戦したのは「忍耐」以外ないだろう。

 

ラリーを演じるロバート・ダウニー・Jrに精彩がないと感じたのは正しかったんだと思った。精彩を放つ「忍耐」なんてありえない。

「ラリー・ポール」は、ロバート・ダウニー・Jrの演技者としてのキャリアの中で最低の役だと思う。

 

 

役不足】力量に比べて役目が不相応に軽いこと。

 

なつく男

 

ロバート・ダウニー・Jr犬キャラなのはわかってるけど、しかし。

 

f:id:ShandyGaff:20140515195424j:plain

 

肩にアゴ乗っけてるし・・。

 

友人の家で、室内飼いしてる大型犬がこんなだったの思い出した。

私たちがしゃべってると、いつの間にかそばにきて膝にアゴ乗っけて上目遣いに見たり、ソファの後ろから肩ごしににゅっと鼻先突っ込んで覗いてきたりする。

で、放っておくとそのままアゴ預けて寛いじゃう。カワイイ犬なんだ。

そう、ちょうどこの写真のRDJみたい。ていうかーまんまだわ。

肩に乗った頭をくしゃくしゃってしたいです、はい。

 

f:id:ShandyGaff:20140515201057j:plain

奥様のスーザンの肩でクーン。

 

f:id:ShandyGaff:20130411173142j:plain

サー・ベン・キングスレーの肩でクンクーン。

 

なつく男。

なつきまくりです。

ある意味、駄犬??

いや、駄犬ほど可愛いもんはないから(笑)

 

 

我ながら「可愛い」以外の感想はないんかい?と思うが、ないんだよ。

 

ドーナツ屋のトニー

アイアンマン2のドーナッツ屋シーン。

 

f:id:ShandyGaff:20100619162347j:plain

 

こういう「画」を発想するジョン・ファブローはいいなぁ。

こういうエンターテインメント映画は、画面のインパクトが大事だものね。

またこういう絵面に、ロバート・ダウニー・Jrがはまるんだよね。

これじゃマンガだろーっていう絵面をちゃんとドラマとして繋いでる。

 

このドーナツの輪っかに座ってるトニーを見ると、なぜか中島みゆきの「狼になりたい」の歌詞が浮かんでしまう(笑)

 

 ♪夜明けまぎわの吉野家では~

 

というとこ(笑)

朝焼けのランディドーナッツ、なんだけどね。

夜明けの吉野家の湿り気はまったくないね。

 

前夜、誕生パーティーで大暴れして、スターク邸のリビング破壊するまで喧嘩した自暴自棄のトニー。

だけど二日酔いの朝の憂鬱はスーパーヒーローも例外じゃない、と。

一夜明けて、問題は何にも解決してなくて朝日が目にしみる・・・という図。いっそさばさばした虚しさと、頭働いてない子供っぽい雰囲気がよく出ててこの絵面大好きだ。可笑しくてカワイイ(こればっかりだ)

 

f:id:ShandyGaff:20140427154142p:plain

 

 

このサングラスもいいなー。

レイバンのサングラスで、ロバート・ダウニー・Jrの私物だそうです。

 

f:id:ShandyGaff:20140427144011p:plain

 

ファブローが気に入って、スーツ姿でかけるべきだと言ったとか。

うん、いっそマスクなしで、全編このサングラスでもいいのにーと思う。

そうすりゃロバート・ダウニー・Jrの顔が映るカットが3割増になるでしょ?

安全性は著しく低下するけど(笑)

 

f:id:ShandyGaff:20140427154847p:plain

 

ほんとこの絵面!

真っ赤な鎧着て、真っ赤なサングラスかけて、ドーナツ屋にいる姿が素敵な40代おっさん。ロバート・ダウニー・Jrしかいないわね。

 

違和感ない!(ありありだろ?)

バカっぽく見えない!(バカだろ?)

カッコいい!(え?)

ロバート・ダウニー・Jrにはまってなきゃ、バカって思ってると思うけどさ。

いいんだ、可愛いから!!!(ヤケクソ)

 

 

でも、ふと冷静になって思うと、このサングラスどっから出したんだろう?

スーツに小物ポケットついてるんだね、きっと(笑)

 

 

 

トニー・スタークの中の人

この輪の中にロバート・ダウニー・Jrはいない。

 

f:id:ShandyGaff:20140424135643j:plain

 

映画「アベンジャーズ」を象徴する集合シーンだけれども、ここにロバート・ダウニー・Jrはいないのだ。

ついでにいうと、マーク・ラファロもいない。

ふたりはこの撮影現場にすらいなかった。

 

「ヒーローたちの最終決戦のシーンで、ラファロが緑色になり、私のヘルメットが閉じてしまうと、われわれはクリーブランドを離れてN.Y.とL.A.へ帰りました」

 

2012年4月、「アベンジャーズ」公開前のインタビューでロバート・ダウニー・Jrが言っている。

見た目からスタントなのはわかりきってはいるけれどね。

アメコミに興味はないので、中の人がロバート・ダウニー・Jrじゃなきゃ割とどーでもよくなる。アイアンマンが好きなんじゃなくて、アイアンマンの中の人トニースターク、のさらに中の人ロバート・ダウニー・Jrが好きなだけだからねー。

 

・・・にもかかわらず。

マーベルコミックの「アベンジャーズ プレリュード」なんて本がブックオフにあったらつい見てしまった。

 

f:id:ShandyGaff:20140424160232j:plain

 

アイアンマン2」でトニーとニック・フューリーが話し合うドーナッツ屋のシーン。

 

f:id:ShandyGaff:20140424150304p:plain

 

 コミックスには、このドーナツ屋になぜニック・フューリーが現れたかが描かれていた。

シールドの科学者から、パラジウムの毒が回って「トニー・スタークの命はあと72時間」と聞かされたニック・フューリーが、解毒剤を打ちにやってきたのだけれど、実はこの解毒剤、時間稼ぎになるか即死か、というとんでもないシロモノだったのだ。

 

トニー・スターク、ドーナツ屋で死す!?

 

まったく、アメコミ、細かいとこでもムチャ振りするよね(笑)

 

f:id:ShandyGaff:20140424151530p:plain

 

で注射されて・・・「腎臓を奪う気か??!」って笑うわ。

 

f:id:ShandyGaff:20140424151700p:plain

 

ブラックウィドーにいいようにされて

なにすんだよーー?※!!?  な表情が可愛い(笑)

トニー・スタークは追い詰められた時の顔がいい、ええ、可愛いです(笑)

 

 

というわけで。

キタナイという印象を持ってしまう劇画調のマーベルコミックまで手に取らせてしまうロバート・ダウニー・Jr、恐るべし。

上述のインタビューだって、掲載誌は「イングリッシュ・ジャーナル」。

f:id:ShandyGaff:20140424154405j:plain

 

こんな雑誌だって普段まったく縁ないのに読んでるし。

ロバート・ダウニー・Jrがそこにいれば手に取らずにいられない自分が怖い。

 

マーベルコミックを立ち読みにとどめたのは、まだ理性が残っていたらしい。正直買おうか迷ったけど、これはアイアンマンとトニー・スタークで、ロバート・ダウニー・Jrはぜんぜん出てこないでしょ、と言い聞かせ思いとどまった(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

アイアンマン&ハルク

可愛い。可愛いよーロバート・ダウニー・Jr!!

49歳のおっさん。なのに、なんでこんな可愛いんだろう?!

 

f:id:ShandyGaff:20140424011413j:plain

 

日本時間で、23日の夕方くらいに撮影初日を迎えたアベンジャーズ2Avengers: Age of Ultron) のセットで再会を果たしたロバート・ダウニー・Jrマーク・ラファロのツーショット。

マーク・ラファロツイッターで流してくれた。

マーク・ラファロ!グッジョブ!!

・・・と言っておきながら、すぐにロバート・ダウニー・Jrだけトリミングしてスマホの壁紙にした。 ごめんね、ラファロ(笑)

 

しっかし可愛いなぁ。

肌だっておっさん風味のヨレ具合だし、ほうれい線?もあるし。

この写真ではトニー・スタークを演じるのに髪や髭、染めてるみたいだけど実際はこめかみや髭に白いもの混じってるし、十二分に49歳なんだけど、可愛いんだよね。

とにかくやっぱり目がね、いろんな感情を訴えかけてくる。

 

なんか・・・。

心臓に悪いわ・・・・・・。

 

 

 

 

 

@RDJ

ロバート・ダウニー・Jrツイッターを始めた。

 

f:id:ShandyGaff:20140412123455j:plain

 

 

アカウントの取得自体は2009年で、放置していたらしい(笑)

最初のツィートから6時間、わずか4ツィートで55万フォロー。

すごい・・・。

もちろん私もフォローしたけど、英語が英語が・・・・(泣)

ネイティブに言葉が通じないと、いくら認証済マークついてても、本人っていう実感が持てない・・悲しいぞ。

 

 

このツイッターアカウントの紙持った写真素敵。

でもロバート・ダウニー・Jrのマグショットを思い出しちゃった・・。

なんて言ったら怒られる?でもそういうのパロディにしたりしそうな気もする。

うん、あきらかに意識してこの写真なんだね。

 

RDJのツイッターホーム画面のアイアンマンのレイアウトもカッコいい。

自分でやってるのかな?

あんまりPCに向かってぽちぽちやってるイメージないけど。

 

 

あれもこれもRDJ

あーんな人や、こーんな人。

いろんな人を演じてみたいロバート・ダウニー・Jr面目躍如

「トロピック・サンダー」は映画に出演する俳優たちの映画・・という劇中劇で、ロバート・ダウニー・Jrの役柄は入れ子式に膨らんでいる。

 

「トロピック・サンダー」を撮影した2007年頃のRDJ。

f:id:ShandyGaff:20140313161349j:plain

Esquire誌のカバー。男前だ。

 

で、これが・・・

 

f:id:ShandyGaff:20140313163233p:plain

RDJ演ずるところのカーク・ラザラス。

オーストラリア出身のメソッド俳優。

演技が深すぎて本当の自分に戻れなくなるというキャラクター。

金髪、青い瞳。見た目は普通にハンサムですね。

 

で、これがこうなる。

 

f:id:ShandyGaff:20140313161842j:plain

 

カーク・ラザラスが演じるオサイラス。

金髪碧眼のオーストラリアンが演じる黒人軍曹。

 

中身はこんなです。念のため。

f:id:ShandyGaff:20140313164034j:plain

これもEsquire

「トロピック・サンダー」撮影中ですね。

なんだよ、普通に金髪似合うなー。

 

で、オサイラスを演じているラザラスが

f:id:ShandyGaff:20140313164456j:plain

 

なぜかベトナム人の農民を演じるはめに。

f:id:ShandyGaff:20140313164520j:plain

 

ベトナム人には見えませんがご愛嬌(笑)

このシーンでは中国語のセリフをしゃべっているんだけど、いったいどのくらい通じる中国語なのか気になる(笑)

日本語のセリフだったら・・・うーん、聞きたいような聞きたくないような微妙。でも、RDJだったら聞いてはみたいかも(笑)

 

おまけ。というかこれぞ真の特典映像かも。

俳優カーク・ラザラスが出演したという設定の「悪魔の小路」の予告編

予告編しかありません。

「トロピック・サンダー」の初めに、さもほんとうに存在する映画のように流れます。

修道士同士の禁断の愛に迷いまくりの妖しい表情が笑えます。相手役はトビー・マグワイア。本人が出てます。アイアンマンとスパイダーマンの愛(笑)

f:id:ShandyGaff:20140313184852p:plain

 アカデミー賞5回も受賞してるカーク・ラザラス。

 

 

演技にのめり込むあまり、アイデンティティを見失ってしまった俳優が自分自身を取り戻す・・という深遠な(?)コンセプトを体現するのがロバート・ダウニー・Jrなわけです。実はシリアスな映画です(嘘)

映画作りをちゃかしてコメディにしつつも、映画が大好きなんだなこの人たちと思う映画でした。

 

ともかくあーんなRDJ、こーんなRDJがいっぱい見られて愉しい。

 

 

ダメ押しですが、中身はこんなです。

 

f:id:ShandyGaff:20140313170156j:plain

2008年。

「トロピック・サンダー」が終わって「ソリスト」を撮ってるころかな。

新聞記者スティーブ・ロペスの髪型に髭ですね。

まったくもーどうしてくれよう、この半端ない男前!

 

 

 

 

まとわりつく仔犬

ロバート・ダウニー・Jr の初主演作品は「ピックアップ・アーティスト」。

1987年、22歳。

ピックアップ・アーティスト、つまり「ナンパ野郎」。

やれやれなタイトルだ(笑)

 

f:id:ShandyGaff:20130912203246j:plain

 

このショットだと期待するよねー。さわやかな好青年のラブコメを。

「うっとうしい」「いまならストーカー」と、RDJファンにさえあんまり評価されてないみたいなので恐る恐る観てみた。ええ、目指せRDJコンプリートなので。

 

f:id:ShandyGaff:20140223153533p:plain

 

「ハーイ! 僕はジャック・ジェリコ!」

鏡を見ながらナンパの練習に余念がありません。

無駄肉がついてる感じです。隙っ歯だし(笑)

 

ヒロインと出会うまでの最初の20分間、女の子に声かけまくってます。

軽い!ちゃらい!うざい!   ちょっとはかわいい(←ファンの欲目)

小学校の先生のくせに軽薄にも程が・・・生徒の母親ナンパしたのがバレて首危ういし。 

でも同居してる祖母には優しいんだよ(←イイとこもちゃんと観る。ファンだから 笑)

 

 

f:id:ShandyGaff:20140223153315p:plain

 まとわりついてます。「君、ボチチェリの絵に似てる」

 

f:id:ShandyGaff:20140223153807p:plain

「また会える?」「おしまい」  撃沈!

 

f:id:ShandyGaff:20140223153752p:plain

 めげない。生徒をダシにおしかける。

「はじめて夢中になったんだ」 

 

 

ほんとに全編まとわりつく仔犬です。それも、駄犬?(笑)

 

 

走る。 手にはバラ一輪。

f:id:ShandyGaff:20140223154913p:plain

 

 走る! 改札飛び越えてます。無賃乗車です。

f:id:ShandyGaff:20140223154938p:plain

 

 走る!! ヒロインめがけてまっしぐら。

f:id:ShandyGaff:20140223155050p:plain

 

ひたすら走る!!!

f:id:ShandyGaff:20140223155108p:plain

 

 

「レス・ザン・ゼロ」と同年の映画。こっちが先なのかな?

ジュリアンを演る前の、RDJの使われ方がわかるような気がする。

学園ものでは主役に絡む二番手の男の子。憎めないお調子者。

恋愛ものの主役でも能天気な純情っぷり。

若さもあって顔立ちの甘さが目立ちすぎて、シリアスなキャラクターにしづらい感じかなー。天使キャラにするには歳が行き過ぎてるし。

22歳。過渡期。

でもこのあたりの作品見てると、第二章でのRDJ、ほんと見事だと思うよねぇ。生まれ持った愛らしさを損なわずに鍛え上げてる。

 

こうやって書いてると、この映画のRDJ、良いとこないみたいだけどそんなことない(イマサラ?笑)

軽薄なナンパ野郎なんだけど、性格は良いんだよね。顔見てればわかるね(笑)

純情を捧げる相手に出会ってナンパ野郎の汚名返上。ただただ彼女を思ってひた走る。名犬ラッシー?んーやっぱり犬キャラなとこがカワイイ(贔屓の引き倒し 笑)

 

 

RDJの生歌も聴ける。 

f:id:ShandyGaff:20140223163713p:plain

Lonely Boy


I'm just a lonely boy, lonely and blue
I'm all alone with nothing to do
I've got everything you could think of
But all I want is someone to love

 

まだ愛する人に出会ってないんだ、っていうジャック・ジェリコ君。

同居する粋なグランマが聞いています。

 

 

f:id:ShandyGaff:20140223184503p:plain

 

Blue Suede Shoes

 

But don't you step on my blue suede shoes.

You can do anything but lay off of my Blue suede shoes.

You can burn my house,

Steal my car,

Drink my liquor 

From an old fruit jar.

Do anything that you want to do, but uh-uh, 

Honey, lay off of my shoes

Don't you step on my blue suede shoes.

 

地下道で物盗りに出くわしてこの歌を歌って煙に巻く。

 

物語の後半、トラブルに悩む彼女に「僕に賭けなよ」って、昨日出会ったばかりで言うそのポジティブさ。

なんの根拠も確信もないけど、あの顔であの瞳で「一緒にいてよ」って言われたら、まあいいかってほだされちゃうね。「オンリー・ユー」もそんなキャラクターだったねえ。ロバート・ダウニー・Jr、とりあえずにっこり笑っとけ、みたいな。

そんな時代もありました(笑)

そうそう、この映画のクレジットは「ロバート・ダウニー」で、まだJrついてません。

 

 

相手役はモリー・リングウォルド。

脇でデニス・ホッパー、ハーベイ・カイテルダニー・アイエロと、さりげに渋い凄い俳優が出てる。ギャンブルとアルコールで身を持ち崩したヒロインのお父さん役のデニス・ホッパーがなんか可愛かったなあ。

私はカワイイおっさんに弱いみたいだ(笑)

 

 

「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」 2008年

戦争映画で観ようと思うのは「ディア・ハンター」だけ。

コメディはニール・サイモンとかビリー・ワイルダーなら観るけど・・。

 

という具合なので、RDJが出てなければこの映画を観ることは100%なかったはず。

RDJの演技の評判は良いけれど、完璧な黒人英語と言われても、エイゴワカリマセーン!の私にはその素晴らしさが実感できるかどうか疑問だしなー、とあまり興味を惹かれなかった。

でもRDJコンプリートを目指しているので中古DVDを買って観た。

1回目。メイクで大好きなRDJの顔が見えないしなー。と気乗りせず。とりあえず観たというだけで流した。

遊び心満載の「悪魔の小路」だけ楽しむ(笑)

 

f:id:ShandyGaff:20140217123826p:plain

 

金髪、青い眼のRDJ. 妖しい・・・(笑)

 

2回目。ここにUPするのにRDJのスクリーンショットを取っておこうと思い再生。

ちゃんと見てなかったコメンタリーや特典映像に掘り出し物を発見。

撮影の舞台裏を見てから本編を観ると、RDJの見所がいっぱいなのに気づく。

 

コメンタリーも、先の記事は監督&スタッフのものだけど、もうひとつ主演の3人、ベン・スティラージャック・ブラック、そしてロバート・ダウニー・Jrでわいわい喋ってるものがあり、これもとても面白いんだわ。さすがRDJというお楽しみがある。

特典映像には監督のベン・スティラー自ら「お宝」と言う未編集映像があって、RDJの水牛ツーショットの映像がもうね、めちゃくちゃ面白いというか、さすがというか、ほんとRDJを堪能できる。

 

次回以降の記事で書こうと思うけど、いやーほんとRDJどこまで私を楽しませてくれるんだー。

 

ということで。

「トロピック・サンダー」は是非ディレクターズ・エディションで観て。

でも、RDJファン、または映画バカを自認する人以外にはおススメしません(笑)

 

 

Whisperer

「トロピック・サンダー」の撮影に登場した水牛、バーサ。

彼女にもロバート・ダウニー・Jrの魅力がわかるらしい(笑)

 

f:id:ShandyGaff:20140215214630p:plain

 

 

 

「トロピック・サンダー」の監督とスタッフのコメンタリーで語られていた。

f:id:ShandyGaff:20140215214807p:plain

 

味見されているRDJ(笑)

 

f:id:ShandyGaff:20140215215027p:plain

 

いいなぁー、バーサになりたいわ(笑)

 

 

共演のジャック・ブラック

「ロバートはアニマル・ウィスパラーだ」と言っていた。

ちなみにジャック・ブラックはバーサに嫌われていたらしい(笑)

 

しかしこんな大きな水牛に寄ってこられて舐め回されても動じず演じられるって・・・。

さすが!オスカー俳優カーク・ラザラス演じるオサイラス軍曹!

・・を演じるロバート・ダウニー・Jr(笑)